千野志麻 ママ友凍った!事故遺族の今聞かれてケラケラ笑う

東京都内にある会員制クラブ。その1階にあるカフェテリアでは女性たちの大きな話し声が響いていた。幼稚園のママ友グループのようで、その輪の中心にいたのが、フジテレビにいた千野志麻元アナウンサー(37)。目撃されたのは6月中旬のランチタイムだった。

「フジ時代にチノパンという愛称で活躍した彼女が、玉の輿に乗ったのは’06年4月。相手は福田赳夫元総理の孫で、外資系証券会社のエリート幹部のA氏でした」
 カフェテリアでは、他の客たちがときおり千野たちをチラチラ見ていたが、それは彼女が“元人気アナ”だったからばかりではない。彼女のグループはみんな子供を連れていた。
 12畳ほどのキッズルームで、5歳になる千野元アナの長女も遊んでいたのだが……。

「脱いだ自分の靴を壁にバンバン投げていたのです。キッズルームにいた他の子供たちにその靴が当たることも。いつになったらママがあの子に注意するのか?そんな思いもあって、カフェテリアにいた客たちは千野さんに注目していたのです」(クラブ関係者)

千野元アナの連れの女性が、次のような質問をしたのは、そんな渦中だった。

「ねぇねぇ、そういえば“あの事件”の被害者の遺族って、いまどうしているの?」


“あの事件”とは、千野元アナが’13年1月に引き起こした死亡事故のことだ。

「帰省先の静岡県沼津市で38歳の男性看護師をはねて死亡させたのです。彼女は出演していた番組をすべて降板し、それ以来、表舞台から姿を消しました。被害者の遺族とは示談を成立させたそうです」

ママ友の質問に対する千野元アナの言葉に、カフェテリア内は凍りついた。

「ああ、あれはもう済んだことだから!」


ケラケラと笑うその姿に、質問したママ友すら困惑した様子だったという。
スポンサードリンク


千野志麻自動車運転過失致死事件とは
wikiから引用
2013年1月2日、静岡県沼津市のホテルの駐車場で自動車を運転中に場内を歩いていた38歳の男性看護師をはね、死亡させる事故を起こし、同年2月12日に自動車運転過失致死の疑いで静岡県沼津警察署により書類送検された。この事故ののち、出演していた番組を全て降板した。2013年12月27日、静岡区検察庁から略式手続に付され、沼津簡易裁判所で100万円の罰金刑に処され即日納付
千野志麻
1